WEBデザイナー細田貴洋の

ホームページお悩み解決
【たぴブログ】

「.com」?「.co.jp」?ドメイン名ってどれを選べばいいの?→結論:絶対「.com」!

このブログは、ホームページに関するお悩みをお持ちのお店・個人事業主・中小企業のみなさま、IT担当者様に向けて、役立つ情報を発信するブログです。ホームページに関する内容をわかりやすく解説!疑問や悩みを解決していきます。


ホームページのドメインを取得したいけど、それを選んだらいいの?

「.com」「.co.jp」とかいろいろあるけど、違いはなに?


そんなお悩みをお持ちのお店、自営業、中小企業のみなさま。

そのお悩み解決します!

今回はドメインの選び方、とくに「.com」「.co.jp」といった末尾のドメインの選び方を紹介します。

ドメイン=住所

そもそもドメインとはインターネット上の住所のようなもの

このドメインを入力すれば誰でもそのホームページを見ることができます。

例えばGoogle検索のドメインは「https://www.google.com/」

これをブラウザに入力すればGoogle検索のページにアクセスすることができます。

ドメインは料金を払えば、誰でも取得することができます。

ドメインを取得するためのサービスは「お名前どっとこむ」が有名です。

「.com」「.co.jp」って何?

ドメインを取得するときに気になるのが末尾にある「.com」「.co.jp」といったもの。

これをトップレベルドメインと言います。

トップレベルドメインには2種類あります。

ひとつが分野別トップレベルドメイン

もうひとつが国コードトップレベルドメイン

簡単にいうと分野別トップレベルドメイン「.com」「.net」 といったもの。

国コードトップレベルドメイン「.co.jp」「.or.jp」といったものです。

分野別トップレベルドメイン

●「.com」:商用向け。世界で最も使われている。

●「.net」:インターネット関連、ネットワーク用

●「.org」:個人や非営利団体、非営利組織向け

●「.biz」:個人・法人の商用目的

などいろいろありますが、オススメは.com

世界でも最も使われている商業向けのドメインなので、お店、自営業など法人でない個人事業主であれば「.com」を使えば問題ないです。

国コードトップレベルドメイン

●「.co.jp」:日本国内で登記されている会社・企業が使用できる

●「.or.jp」:日本国内の特定の法人組織が使用できる

このように国コードトップレベルドメインは会社や企業が使用できます。

中小企業の場合は「co.jp」を使用しても良いかもしれません。

もちろん中小企業でも「.com」を使うことは可能です。

ドメインはユーザーへのイメージ戦略

いろいろ紹介しましたが、どのトップレベルドメインを選んでもSEO的に有利不利だとかはありません。

むしろユーザーのイメージに影響します。

例えば「.com」だったら商業向けのホームページ、「co.jp」だったら会社のホームページ、のようにユーザーの印象に残りやすくなります。

あとは「.com」は響きが良いですよね。覚えやすいので「どっとこむ」を会社やサービス名にいれているところも多いです。

自分のホームページはどんな内容なのかを意識してドメインを取得すると良いでしょう。

まとめ

まとめると、

ドメインとはインターネット上の住所

料金を払えば、誰でも取得することができる

末尾にある「.com」「.co.jp」はトップレベルドメインと言う

トップレベルドメインにはさまざまな種類がある。

お店、自営業、中小企業なら「.com」がオススメ。



たぴデザイン事務所ではホームページ制作を承っています。

ドメインの取得代行も行っています。

ホームページ制作、ホームページに関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。
↓↓↓


LINE公式アカウントからのご相談もOK!下のボタンをクリックして友だち追加よろしくお願いいたします

友だち追加