WEBデザイナー細田貴洋の

ホームページお悩み解決
【たぴブログ】

【初心者必見】GoogleとYahoo!検索エンジンの違いは?

このブログは、ホームページに関するお悩みをお持ちのお店・個人事業主・中小企業のみなさま、IT担当者様に向けて、役立つ情報を発信するブログです。ホームページに関する内容をわかりやすく解説!疑問や悩みを解決していきます。


検索するときGoogleとYahoo!、2つあるけどどう違うの?

SEO対策したいんだけど、GoogleとYahoo!で使っている人は違うの?

そんなお店・自営業・中小企業のみなさまの疑問。

ずばり解決します!

GoogleとYahoo!の違いはない!?

そもそもインターネットで何かを調べる、検索するときに使うサイトを検索エンジンと言います。

日本でよく使われている検索エンジンは「Google(グーグル)」と「Yahoo!(ヤフー)」です。

実はこの2つには違いはありません!

どういうことかと言いますと、2011年からYahoo!はGoogleの「検索エンジン」「検索連動型配信システム」といった検索技術を使用しているため、検索結果はGoogleとYahoo!ではほぼほぼ同じになっています。

そのためGoogle独自やYahoo!独自のSEO対策は不要です。

Yahoo!は独自サービスとの連携が強み

じゃあ、GoogleとYahoo!の違いってないじゃん!というわけではないんです。

たとえばYahoo!で検索した場合、Yahoo!ニュースやYahoo!知恵袋、Yahoo!ショッピングなどさまざまなYahoo!のサービスと連動して検索結果が表示されます。

ただの検索ではなくYahoo!独自のサービスと組み合わせた検索結果が強みです。

GoogleとYahoo!の利用者の違い

またGoogleとYahoo!の違いとしては、各検索エンジンを使用しているユーザーが違います。

たとえば、パソコンではYahoo!の利用が多いですが、スマートフォンではGoogleのほうが利用者が多いです。

年齢別に見るとスマートフォン利用が多い若年層でGoogleの利用が多く、55歳以上ではYahoo!の利用が多くなっています。

性別でみると若干Yahoo!の利用が多くなっています。

このようにGoogleとYahoo!で検索結果の違いはありませんが、ユーザーの違いを意識しておくと検索する際に役立つでしょう。

まとめ

まとめると

日本でよく使われている検索エンジンは「Google(グーグル)」と「Yahoo!(ヤフー)」

検索結果はGoogleとYahoo!ではほぼほぼ同じ

Google独自やYahoo!独自のSEO対策は不要

Yahoo!独自のサービスと組み合わせた検索結果が強み

GoogleとYahoo!では使用しているユーザーが違う


たぴデザイン事務所ではホームページ制作によるSEO対策も行っています!

ホームページ制作、ホームページに関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。
↓↓↓


LINE公式アカウントからのご相談もOK!下のボタンをクリックして友だち追加よろしくお願いいたします

友だち追加